佐賀大学機関リポジトリは、佐賀大学における教育研究活動の成果を公開するシステムです。

登録されているコンテンツ本文の著作権は、著者や出版社(学協会)等に帰属します。利用に当たっては、原則として著作権者の許諾を得る必要がありますが、著作権法に定める私的使用目的での複製や引用等での利用については著作権者に許諾を得る必要はありません。
ホーム    論文の登録について    機関リポジトリとは    運用申し合わせ        問合せ    図書館   

佐賀大学機関リポジトリ >
地域学歴史文化研究センター  >
発表資料 >
地域学歴史文化研究センター-発表資料 >

 
タイトル :Casting of the Cannon made of the Copper Alloy in the End of Edo Period : Fusion of West Technology and Japanese Conventional Technology
別言語のタイトル :幕末における銅製大砲の鋳造 : 西洋技術と在来技術の融合
著者 :Honda, Miho
本多, 美穂
ホンダ, ミホ
作成日 :2012-10
収録種別 :発表資料
ISBN :9784990664909
公開者・出版者 :佐賀大学地域学歴史文化研究センター
URI :http://portal.dl.saga-u.ac.jp/handle/123456789/120368
掲載論文 :ISHIK 2012 / Proceedings of the 2nd International Symposium on the History of Indigenous Knowledge
132
137
掲載雑誌 :ISHIK 2012 / Proceedings of the 2nd International Symposium on the History of Indigenous Knowledge p.132 -137
出現コレクション:地域学歴史文化研究センター-発表資料

登録ファイル

ファイル 記述 サイズフォーマット
honda_201210.pdf7545KbAdobe PDF見る/開く