佐賀大学機関リポジトリは、佐賀大学における教育研究活動の成果を公開するシステムです。

登録されているコンテンツ本文の著作権は、著者や出版社(学協会)等に帰属します。利用に当たっては、原則として著作権者の許諾を得る必要がありますが、著作権法に定める私的使用目的での複製や引用等での利用については著作権者に許諾を得る必要はありません。
ホーム    論文の登録について    機関リポジトリとは    運用申し合わせ        問合せ    図書館   

佐賀大学機関リポジトリ >
文化教育学部 >
紀要論文 >
佐賀大学教育実践研究 >

 
タイトル :生徒が主体的に学びを深めるための教材開発及び指導の工夫:2年数学「地震が佐賀に到達した時刻を求めよう」の授業分析を通して
別言語のタイトル :Some Ingenuity of Teaching Materials and Instructions to Help Students to Deepen Their Independent Learning Skills: Through the Analysis of the Mathematics Classes for 7th Graders, "Let's Demand the Time When the Earthquake Reached Saga"
著者 :溝田, 貴章
別言語の著者 :Mizota, Takaaki
作成日 :2017-3
収録種別 :紀要論文
ISSN :2189065X
公開者・出版者 :佐賀大学教育学部附属教育実践総合センター
URI :http://portal.dl.saga-u.ac.jp/handle/123456789/123188
掲載論文 :佐賀大学教育実践研究
AA12764802
34
461
472
掲載雑誌 :佐賀大学教育実践研究 Vol.34 p.461 -472
出現コレクション:佐賀大学教育実践研究

登録ファイル

ファイル 記述 サイズフォーマット
mizota_201703.pdf1077KbAdobe PDF見る/開く