佐賀大学機関リポジトリは、佐賀大学における教育研究活動の成果を公開するシステムです。

登録されているコンテンツ本文の著作権は、著者や出版社(学協会)等に帰属します。利用に当たっては、原則として著作権者の許諾を得る必要がありますが、著作権法に定める私的使用目的での複製や引用等での利用については著作権者に許諾を得る必要はありません。
HOME    register    About institutional repositories    agreement        Feedback    library   

佐賀大学機関リポジトリ >
Faculty of Culture and Education >
Bulletin >
The journal of studies on educational practices >

 
Title :重度・重複障碍をもつ生徒に対する外界の物への働きかけの活発化を目指した教育的係わり合い : 係わり手の先入見の明確化と自力で取り組める状況設定の重要性
Title alternative :Educational Intervention Aimed at Promoting Interaction with Objects in a Student with Profound and Multiple Disabilities : Importance of Clarification of Bias toward Student's Ability and Situational Constitution for Interaction with Objects
Authors :村上, 大樹
芳野, 正昭
Authors alternative :Murakami, Taiki
Yoshino, Masaaki
Issue Date :2006
Type Local :紀要論文
ISSN :13475193
Publisher :佐賀大学文化教育学部附属教育実践総合センター
URI :http://portal.dl.saga-u.ac.jp/handle/123456789/48822
citation :佐賀大学教育実践研究
22
21
34
Citation :佐賀大学教育実践研究 Vol.22 p.21 -34
Appears in Collections:The journal of studies on educational practices

Files in This Item: