佐賀大学機関リポジトリは、佐賀大学における教育研究活動の成果を公開するシステムです。

登録されているコンテンツ本文の著作権は、著者や出版社(学協会)等に帰属します。利用に当たっては、原則として著作権者の許諾を得る必要がありますが、著作権法に定める私的使用目的での複製や引用等での利用については著作権者に許諾を得る必要はありません。
HOME    register    About institutional repositories    agreement        Feedback    library   

佐賀大学機関リポジトリ >
Faculty of Medicine >
Thesis >
Doctor Thesis  >

 
Title :部位特異突然異変法による(NZB×NZW)F1マウス由来の自己反応性T細胞を拘束するAβ/AαMHCクラスII分子の解析。Aα鎖69位のアラニンの決定的影響。
Title alternative :A mutational analysis of the Aβ^z/Aα^d major histocompatibility complex class II molecule that restricts autoreactive T cells in (NZB×NZW) F1 mice. The critical influence of alanine at position 69 in the A α^d chain
Authors :賽, 涛
Authors alternative :Sai, T
Issue Date :1999
Type Local :博士論文
URI :http://portal.dl.saga-u.ac.jp/handle/123456789/8635
Appears in Collections:Doctor Thesis

Files in This Item: