佐賀大学機関リポジトリは、佐賀大学における教育研究活動の成果を公開するシステムです。

登録されているコンテンツ本文の著作権は、著者や出版社(学協会)等に帰属します。利用に当たっては、原則として著作権者の許諾を得る必要がありますが、著作権法に定める私的使用目的での複製や引用等での利用については著作権者に許諾を得る必要はありません。
HOME    register    About institutional repositories    agreement        Feedback    library   

佐賀大学機関リポジトリ >
Faculty of Agriculture >
Thesis >
Doctor Thesis >

 
Title :堆肥・土壌における細菌群集の解析および大腸菌など糞便汚染指標菌の生残性に関する研究
Title alternative :Bacterial Community Analysis in Compost and Soil with Special Reference to Survival of Escherichia coli and related fecal bacteria
Authors :[ゴン]、春明
Authors alternative :Gong,Chunming
Issue Date :2005
Abstract :近年,環境問題や安全な食品への国民の志向を背景として,減農薬や有機農業,オーガニック食品への関心が高まっているなか,堆肥の施用量は急速に増えている.一方,堆肥を施用した農場で生産された農産物が原因で大腸菌O157による食中毒が発生した事例が外国で報告されており,堆肥や土壌の微生物的安全性の確保は日本でも重要となってきた.そこで本研究ではまず,蛍光染色法による細菌定量を堆肥の微生物分析に導入し,堆肥中の微生物群集に関する基礎的知見を集積した.次いで,堆肥や土壌における大腸菌群など糞便指標菌について,選択分離
Type Local :博士論文
URI :http://portal.dl.saga-u.ac.jp/handle/123456789/9018
Appears in Collections:Doctor Thesis

Files in This Item:

File Description SizeFormat
566gon.pdf4830KbAdobe PDFView/Open